【未経験者向け】動画編集の副業で収入を稼ぐための方法

「初心者が動画編集の副業で稼ぐまでの流れを知りたい…」

「動画編集の副業で稼いでみたいけど、初心者でも大丈夫なのかな?」

そのような疑問や悩みを抱く人も多いのではないでしょうか。動画市場が拡大し続けている中で、動画編集者への需要も高まっています。

そこで、本記事では未経験者が動画編集の副業で稼ぐまでの方法を紹介します。その他にも、未経験者が副業で動画編集をするメリットや、必要なモノ・スキについても解説するため、ぜひ参考にしてください。

目次

未経験でも動画編集の副業はできる!

「未経験者でも動画編集の副業で稼げるようになるのかな…」と不安を抱く人も多いでしょう。

しかし、未経験者でも動画編集の副業は十分可能です。

なぜなら、クラウドソーシングの案件募集欄を見てみると、未経験者可の案件が沢山募集されているからです。

はじめは初心者向けの小さな案件をこなしていき、実績や技術が蓄積できたら大型な高単価案件に取り掛かれば、未経験者でも十分稼げるようになります。

以上のことから、未経験者でも動画編集の副業はできると考えられます。

未経験者が副業で動画編集をするメリット

動画編集の副業に興味があるものの、具体的なメリットが分からず行動に移せない人も居ると思います。

そこで、未経験者が副業で動画編集をするメリットを3つ紹介します。

好きな時間に好きな場所で働ける

好きな時間に好きな場所で働けることが1つ目のメリットです。動画編集の副業は、PCとインターネット環境さえあれば、いつでもどこでも取り組めるからです。

自宅やカフェ、コワーキングスペースでもお仕事ができるため自由度が高くストレスフリーです。自宅で動画編集をしていて集中できないなと思ったら、気分転換に途中で場所を変えることも可能です。

そのため、動画編集の副業のメリットの1つに、「好きな時間に好きな場所で働ける」ことが挙げられます。

未経験者でも比較的始めやすい

2つ目のメリットは、未経験者でも比較的始めやすい点です。

動画編集は、スキルを学び始めてから実際に仕事を受注するまでの期間が短い傾向にあるからです。具体的には、1~2ヶ月もあれば月10万円稼げるようになると言われています。

一方、同じ副業でもプログラミングやWEBデザインなどは、稼げるレベルのスキルを1から身に付けるとなると、それ以上に時間がかかるケースが多いです。

これらのことから、動画編集の副業は、未経験者でも比較的始めやすいと言えます。

頑張り次第で将来的には独立も見込める

頑張り次第で将来的に独立も見込めることも、動画編集の副業のメリットです。

もしあなたが動画編集の副業で月10~20万円稼げるようになれば、会社員を辞めて独立することも十分に可能です。

なぜなら、副業でそれだけ稼げるということは、本業を辞めてたくさんの時間を費やせば、月30~40万円稼げると考えられるからです。

以上のことから、動画編集の副業のメリットとして、「頑張り次第で将来的には独立も見込める」ことが挙げられます。

動画編集の副業をするのに必要な物

ここでは、動画編集の副業をするにあたり、用意すべき物を紹介します。

動画編集の副業をするのに必要な物

  • インターネット環境
  • ある程度のスペックのパソコン
  • 動画編集ソフト

以上の3点です。

具体的なパソコンのスペックはメモリが16GB以上、SSDが256GB以上にものを用意すれば問題ありません。

また、動画編集ソフトに関しては、Adobe Premiere Proというソフトを用意しておけば間違いありません。

その他には、Sony VegasやFinal Cutなどがおすすめです。

動画編集の副業をするのに必要なスキル

動画編集の副業をするのに必要な物を紹介しました。

ここからは、動画編集の副業をするのに必要なスキルを紹介します。

  • テロップ作成
  • カット
  • アニメーション
  • カラーグレーディング

以上の基本的なスキルを習得しましょう。imovieなら無料で動画編集ができるので、有料ソフトに抵抗のある方はまずはそれで練習もありです。

これらの基本的なスキルをある程度身に付けたら、続いてAdobe Premiere Proなどの動画編集スキルを使いこなせるようになると良いです。

ここまで身に付けられたら、実際に副業を始めましょう。

動画編集の副業で収入を得るまでの流れ

ここまで、動画編集の副業のメリットや、始めるのに必要なスキルを紹介しました。

しかし、「メリットや必要なスキルは理解できても、実際にどのような流れで収入獲得に至るのか分からない」と感じる人も居ると思います。

そこで、ここでは実際に動画編集の副業で収入を得るまでの流れを3段階に分けて解説します。

STEP
必要なスキルを習得する

まずは、動画編集の副業を始めるために必要なスキルを身に付けましょう。

前述の通り、基本的なスキルと、動画編集ソフトを扱うスキルが必要です。独学で学習する人も居ますが、独学では質問する人がいない、モチベーションが保てないなどのデメリットもあります。そのため、心配な人は動画編集スクールを利用して学習を進めることをおすすめします。

関連記事:オンラインで学べる動画編集スクールおすすめ8選【どれがいいか選べない方に】

STEP
ポートフォリオを作成する

必要なスキルが身に着いたら、次はポートフォリオを作成しましょう。

ポートフォリオとは、案件に応募する際に企業に見せる作品集のようなものです。

「このような動画を作れます!」

と企業にアピールするために、多くの動画編集者はポートフォリオを作成しています。特に動画編集スクールであれば、ポートフォリオの作成も指導してくれるところが多いため、自力でポートフォリオを作るのが不安な人はぜひ動画編集スクールを利用してみてください。

STEP
動画編集の案件に応募し受注する

ポートフォリオを作成したら、いよいよ動画編集の案件に応募しましょう!一言で「動画編集の案件に応募」と言っても、さまざまな方法があります。そこで、未経験者でも挑戦可能な案件応募方法を3つ紹介します。

クラウドソーシングで受注する

1つ目の方法は、クラウドソーシングで受注するというものです。クラウドソーシングとは、仕事を探している人と仕事をしてくれる人を探している企業をマッチングさせるサービスです。

複数のクラウドソーシングサービスがありますが、特におすすめなのはクラウドワークスやランサーズ、ココナラなどです。全て無料で登録・利用できるため、2~3個のクラウドソーシングに登録し、どのような案件があるか見てみると良いでしょう。

クラウドソーシングを使うメリットは、未経験者向けの案件もある点や、仮払い制度を使えば給与未払いを防げる点です。

一方で、手数料がかかる点はデメリットとなります。

関連記事:クラウドソーシング4選

知人から受注する

知人から直接受注する方法も、未経験者にはとてもおすすめです。

もしあなたの周りに動画編集者を探している知人が居たら、仕事をさせてもらえないか相談することをおすすめします。

なぜなら、知人からの受注であれば、持ち逃げなどのリスクはかなり低く、すでに信頼関係があるため仕事しやすいからです。

一方で、なかなか周りにそういった知人がいない場合は、この方法で受注するのは難しいでしょう。

動画編集スクール経由で受注する

3つ目の方法は、動画編集スクール経由で受注するというものです。

動画編集スクールの中には、ただ動画編集の学習教材を提供してくれるだけでなく、スキル習得やポートフォリオ作成を終えたあと、実際に案件を紹介してくれるところもあります。

未経験者にとって、1から自分で案件を探して応募する手間が省ける点が大きな魅力です。

一方で、案件の紹介まで行っていないスクールもあるため、事前に確認しておく必要があります。

関連記事:オンラインで学べる動画編集スクールおすすめ8選【どれがいいか選べない方に】

【未経験者向け】動画編集の副業で収入を稼ぐための方法 まとめ

本記事では、未経験者が動画編集の副業で収入を稼ぐための方法を紹介しました。

会社に依存せず個人で稼ぐ力を身に付けるために、副業を始める人が増えています。特に動画編集の副業は今後需要の伸びが見込まれており、挑戦する人が多いです。

行き当たりばったりで収益化しようとするよりも、事前に正しい手順を理解した上で副業を始める方が、効率よく収益を得られます。ぜひ本記事の内容を参考にして、動画編集の副業で稼げるようになってください!

また、プログラミングにも興味があるけど未経験から始めるならプログラミングか動画編集どっちがいいのか迷われている方もいるかと思われます。プログラミングと動画編集の経験者から今から始めるならどちらがおすすめか口コミを集めましたので気になる方は以下のリンクをクリックしてご確認下さい。

合わせて読みたい:パソコンでプログラミングか動画編集始めるならどっち?口コミ集めてみた

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる