初心者でもできる在宅OKな英語翻訳の副業はどこで探したらいい?

英語のスキルを活かして、英語翻訳の副業を始める人が増えています。なぜなら、手軽に副業始められる手段として、クラウドソーシングサービスが普及しているからです。

一方で

「どのクラウドソーシングサービスが英語翻訳の仕事探しに向いているか分からない」

「そもそもクラウドソーシングサービスを使うメリットって?」

などの疑問を抱く人も多いでしょう。

そこで、本記事では初心者が英語翻訳の副業をするときにおすすめのクラウドソーシングを4つ紹介します。

その他にも、クラウドソーシングサービスを使うメリットや、案件をたくさん受注するコツなども紹介するため、ぜひ参考にしてください。

目次

初心者が英語翻訳の副業をするならクラウドソーシングがおすすめ!

初心者が英語翻訳の副業をするなら、いきなり企業と直接契約を結ぼうとするよりも、まずはクラウドソーシングを利用することをおすすめします。

ここでは、クラウドソーシングの仕組みやおすすめする理由を紹介します。

クラウドソーシングって?

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい企業や個人が、インターネット上で不特定多数の人々に業務委託するためのプラットフォームのことです。仕事を依頼したい人と、仕事を受注したい人を繋ぎます。

英語翻訳の仕事を依頼したい企業や個人も登録しているため、英語翻訳の仕事を探して応募できます。

おすすめする理由

英語翻訳の副業に挑戦したい初心者に、クラウドソーシングの利用をおすすめする理由を3つ紹介します。

初心者でも仕事を受注しやすい

クラウドソーシングを利用すれば、英語翻訳の仕事をしたことのない初心者でも比較的仕事を受注しやすいです。

なぜなら、クラウドソーシングには初心者歓迎の案件が多いからです。

逆に、クラウドソーシングを使わずに英語翻訳の仕事を企業から直接受注することは、初心者にとっては至難の業です。そのため、初心者にとって、クラウドソーシングを使えば直接契約を狙うよりも遥かに仕事を受注しやすくなると言えます。

仮払い制度があるため未払いを防げる

多くのクラウドソーシングサービスには、仮払い制度があるため、給与未払いを防げます。

逆に、直接契約を交わすとなると、成果物を持ち逃げする悪質な企業に当たる可能性も0ではありません。せっかく一生懸命英語翻訳の仕事をしたのに給与を1円も払って貰えないなんて、最悪ですよね。

その点、クラウドソーシングで仮払い制度を利用すれば、働いた分の給与を確実に受け取れます。

好きな時間に好きな場所で働ける

クラウドソーシングを利用すれば、時間や場所を問わず自由に働けます。

なぜなら、仕事の全てをオンライン上で完結させられるからです。業務内容に関して質問したいことが生じたときにも、ほとんどの場合チャットで完結させられます。

中にはビデオ通話などでミーティングを行う場合もありますが、面と向かって打ち合わせをすることはほとんどありません。そのため、クラウドソーシングを利用すれば直接企業を訪問する必要はなく、自由な時間に場所で働けます。

おすすめのクラウドソーシング4選!

ここまで、初心者が英語翻訳の副業をする際に、クラウドソーシングの利用をおすすめする理由について説明しました。

一方、様々なクラウドソーシングがある中から、どれに登録すればいいか分からない人も居るでしょう。そこで、おすすめのクラウドソーシングを4つ紹介します。

複数のクラウドソーシングに登録する方が、様々な案件を見られるため、この中から2~3個に登録することをおすすめします!

ココナラ

特徴

ココナラは、あなたのスキル・経験・知識などを出品し、買って貰えるサービスです。

サービスを出品して購入を待つ他にも、公開募集されている案件に自分から応募することもできます。

英語翻訳のお仕事も公開募集されているため、応募してお仕事をこなすことで実績を作れます。

また、ココナラでは経験を出品することも可能なので、英語翻訳だけでなく「英語を教える」といったサービスを出品することもできます。

クラウドワークス

特徴

クラウドワークスは、国内シェア・取引額・ユーザー数すべてNO.1の、国内最大級のクラウドソーシングです。

仕事発注数はなんと570万件にも及び、多くの人から支持されています。

英語翻訳の仕事もたくさん公開応募されているため、さまざまな案件の中から応募する案件を選べます。

また、「未経験可」というタグも用意されているため、初心者向けの仕事に絞って検索をかけられて便利です。

ランサーズ

特徴

ランサーズは、依頼総額2,000億円超え、200万件超えの依頼実績のあるクラウドソーシングサービスです。

277ジャンルもの多彩なお仕事ジャンルが用意されています。

その中でも、翻訳案件も多数揃っており、大きな案件も小さな案件も充実しています。

そのため、まずは小さな案件をたくさんこなして実績を積みたい初心者のニーズにも応えます。

クラウディア

特徴

クラウディアは、業界最低水準の手数料でお仕事を受けられる点が魅力です。

英語翻訳以外にも、10か国の翻訳業務があるため、英語以外にも使える言語があれば、お仕事の幅が広がります。

また、完全非公開の高単価オファーも取り揃えているため、小さな案件で実績を積んだあと高単価案件にも挑戦できます。

さらに、悪質なクライアントによる被害を防ぐために、運営が定期的にサイトパトロールを行っているため、初心者でも安心して使えます。

英語翻訳の案件をたくさん受注するコツ

実際にクラウドソーシングに登録しても、初心者でも本当に仕事を受注できるのか不安に感じることもあるでしょう。

そこで、初心者が英語翻訳の案件をたくさん受注するコツを3つ紹介します。

複数のクラウドソーシングに登録する

英語翻訳の案件をたくさん受注するには、複数のクラウドソーシングに登録するべきです。

なぜなら、クラウドソーシングによって掲載されている案件が異なるからです。

たくさんの案件を比較検討するほうが、あなたのスキルを活かせる案件や、給与などの条件の良い案件に出会える確率も上ります。

以上のことから、複数のクラウドソーシングに登録することは、英語翻訳の案件をたくさん受注することへ繋がると言えます。

魅力的なプロフィールを作る

魅力的なプロフィールを作ると、英語翻訳の案件をたくさん受注することに繋がります。

なぜなら、プロフィールはまだ実績の少ない初心者にとって、自身をアピールできる数少ない場だからです。

具体的には、以下のような経験があれば記載すると良いです。

  • 外資系企業に〇年勤めている
  • 〇〇へ〇ヶ月間の留学経験あり
  • TOEICスコア〇〇〇

その他にも、以下のような仕事への姿勢や熱意をアピールすると好印象です。

  • 迅速なレスポンスを心がけています
  • 丁寧な執筆を行います
  • 頂いたフィードバックは真摯に受け止め、改善できるよう努めます

上記のように、魅力的なプロフィールを作成することは、初心者が英語翻訳の仕事を沢山獲得するコツの1つです。

まずは小さな案件をたくさんこなして経験を積む

英語翻訳の案件をたくさん受注するには、まずは小さな案件をたくさんこなして経験を積むと良いでしょう。

なぜなら、クライアントからすると、たくさんの案件をこなした実績のある人に仕事を任せるほうが安心だからです。

そのため、いきなり大きな仕事を受注しようとするのではなく、まずは小さな案件からこなす方が、長期的にみるとたくさんの仕事を受注できます。

初心者でもできる在宅OKな英語翻訳副業の探し方 まとめ

本記事では、英語翻訳の副業をしたい初心者におすすめのクラウドソーシングを4つ紹介しました。

リモートワーク化を進める企業が増え、これまでよりも時間の余裕が生まれたことから、新たに副業に挑戦しようとする人が増えています。

そんななかで、英語力を活かせる英語翻訳の副業も人気です。そのような中で、初心者の人には実績を積みやすいクラウドソーシングを利用することをおすすめします。

ぜひ本記事で紹介した4つのクラウドソーシングの中から、気になるものに複数登録し、お仕事を探してみてください。あなたの副業ライフが充実することを祈っています。

また、クラウドソーシングを利用する前に英語を教わりたいという方は英語が学べるオンライン英会話スクールがおすすめです。以下の記事にオンライン英会話スクールをまとめましたのでぜひ参考にしてみて下さい。

合わせて読みたい:初心者から始められるオンライン英会話オススメ10選

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる