IT関係の仕事に転職したい未経験者必見!!IT転職に強い資格を紹介!

近年デジタル化が進んでいる中で、IT関係の仕事に転職したいと考える人が増えています。 特にコロナ禍による影響は大きく、IT関係の需要はどんどん高まっているのです。

しかし、転職をしたいと考えている人のほとんどがIT関係について未経験で資格を持っていない人が多いのも事実です。

そのため

「資格がないから転職できない」

「転職するために有利な資格はあるのか」

「自分にIT関係の資格が取れるのだろうか」

など以上のような悩みや不安がでてくるでしょう。

そこで本記事では、IT関係の資格を取得するメリットや転職に強い資格の説明をします。
この記事を読めば、あなたに合った資格が見つかり、ITへの転職も一歩近づくでしょう。

目次

IT関係の資格を取得するメリットは?

IT関係の資格を取得することで何に役立つのかよくわからないですよね。IT関係の資格を取得するメリットは大きく3つです。

  1. スキルの証明ができる
  2. 就職・転職に有利になる
  3. 就職後資格手当がつくことも

以下でそれぞれ詳しく説明していきます。

スキルの証明ができる

どの業界でも同じですが、資格を持っていることは一定レベルの知識を証明できます。
特にIT業界に転職する際は、資格取得が条件の企業も多くあります。

また、IT業界内でのキャリアアップにも資格でのレベル証明はとても有利になるので取得できるなら挑戦するべきでしょう。

就職・転職に有利になる

IT業界に転職する際に、資格を持っているかはとても重要になります。
新卒であれば、資格の有無よりも学生時代の頑張りなどを評価されるのであまり関係ないでしょう。

しかし、転職となるとこれまでの成果ももちろん見られますが、業界に関する資格を取得しているかを必須としている企業もあります。
特にSE(システムエンジニア)やインフラエンジニアは資格の有無が重要視されているでしょう。

ただ、資格を取得したということが自体が面接のときに評価されることもあります。
働きながら資格のために勉強をして、コツコツ努力したことが伝わり採用されることも。

就職後資格手当がつくことも

IT関係の国家資格を取得していると、資格手当が貰える企業があります。

もちろんすべての企業や資格で手当てが貰えるとは限りません。

また平均して1万円以上の手当てが貰えるそうなので、取得しておいて損はないですよね。

ここで疑問になるのが、未経験者でも取得できるIT関係の資格があるのかということです。
詳しくは後ほど説明しますが、IT関係の資格を取得するほとんどの人が未経験者なので安心してください。

資格取得する際に気を付けるべきこと

IT関係の資格を取得する際に気を付けるべきこと4つあります。

  1. IT業界は資格より実績重視
  2. 面接では取得した理由を述べる
  3. マイナーな資格よりメジャーな資格を取得
  4. 資格を選ぶときは目的を考える

それぞれ詳しく解説していきますね。

IT業界は資格より実績重視

メリットの中に資格も転職に有利になると述べました。
しかし、資格取得をしていることよりもやはり実績が重要になります。

資格取得はあくまでも武器の1つとして考えておきましょう。
また、資格取得を目指すのならば、転職したい職種に関連する資格や手当が貰える資格を選ぶことをおすすめします。

面接では取得した理由を述べる

面接のときに重要になるが、アピールの方法です。
IT業界の面接を受ける人であれば同じ資格を取得している人も多くなります。

そのため、面接で重要視されるのは資格取得の結果ではなく、取得を目指した理由や敬意を伝えることが大切です。

企業は取得している資格よりも人間性の部分で評価されるので、資格取得だけをアピールしても意味がありません。
面接では、資格取得するまでの努力過程などを具体的に表現し面接官に伝えましょう。

マイナーな資格よりメジャーな資格を

マイナーな資格を取得するメリットは少ないです。
世の中にはさまざまな資格がありますが、その中でも聞いたことがあるメジャーな資格取得を目指しましょう。

ただ、「興味があり取得したい」という理由であれば問題ありません。
しかし、転職やキャリアアップを目的とするのなら取得する必要はないでしょう。

転職やキャリアアップのために資格取得をするのならば、国家資格やメジャーな資格を選択することをおすすめします。

資格を選ぶときは目的を考える

取得したい資格を選ぶときにはまず目的からきちんと考えましょう。
「資格を取得する目的は何か」と自問自答することがおすすめです。また、最初に目的をきちんと決めておくことで気持ちがブレずに資格取得まで突っ走れます。

転職を目的に取得するのであれば、気になる企業が必要としている資格を調べてください。キャリアアップや手当てを目的としているのであれば、国家資格を取得するのが良いでしょう。

なお、IT業界に転職をしたいのであればプログラミングに関する資格を同時に取得することをおすすめします。なぜなら、IT業界のほとんどがプログラミングを必要としている企業が多いためです。

IT関係の資格の種類は?

IT関係の資格の種類は大きく分けて「国家資格」「民間資格」があります。

国家資格

国家資格は何かの製品に特化してない知識を得ることができ、有効期限はありません。
また、民間資格に比べると受験料は安いです。

民間資格

民間資格は企業が自社製品の知識を一定のレベル以上あることを認定するもので、有効期限があり更新が必要。
また、受験料は比較的高額となります。

IT業界転職におすすめな資格3選

IT業界のすべての職種において役立つ資格を3つご紹介します。

1.ITパスポート
2.基本情報技術者
3.応用情報技術者


それぞれ順番に見ていきましょう。

ITパスポート

ITパスポートはITの基礎知識を証明する国家資格で、すべての社会人が対象。
国家資格になりますが、合格率は約55%で他のIT関係の資格と比較しても難易度が低くいため未経験者におすすめです。

また、受験料も5,700円なので受験しやい資格になります。

基本情報技術者

基本情報技術者は、国家資格でITエンジニアの登竜門と呼ばれています。
資格取得を目指すことで、プログラマーの基礎知識を体系的に学べるのです。
基本情報技術者の合格率は約25%と難しい試験になっていると言えるでしょう。

しかし、エンジニアを目指す人であれば取得しておくべき資格なのは間違いありません。

受講料は、5,700円なので合格するまで挑戦しても良いでしょう。

応用情報技術者

応用情報技術者は、基本情報技術者の上位の資格です。
もちろんこれも国会資格になります。

ITエンジニアとしてキャリアアップをしたい方におすすめの資格です。

また合格率は約22%で若干基本情報技術者より難しくなっています。応用情報技術者を取得することで転職に有利になるでしょう。

受験料は5,700円なので勉強だと思い受験するのも良いですね。

プログラミング取得するための資格3選

プログラミングを取得するための資格3選を見ていきましょう。

  1. Ruby技術者
  2. PHP認定技術者
  3. Javaプログラミング能力試験

詳しく説明していきますね。

Ruby技術者

Ruby技術者はプログラミング言語「Ruby」の技術力を証明する資格です。

プログラミング言語の中でも初心者向けと言われており、比較的学習しやすいでしょう。

また、試験にはシルバーとゴールドの2つにレベルに分けられています。
シルバーの方が初心者向けなので未経験者にはシルバーがおすすめです。

PHP認定技術者

プログラミング言語「PHP」の技術スキルを証明する資格です。

webサイト構築に向いている言語で、使用や文法がシンプルなので未経験者でも学びやすいでしょう。

PHP認定技術者の試験は初級試験、上級試験、PHP技術認定ウィザードの3つのレベルに分かれています。

PHP技術認定ウィザードは、上級試験のスコアが90%以上の人でないと受けられません。
スキルアップを目指すのなら挑戦していくのも良いでしょう。

Javaプログラミング能力試験

Java知識や技術を証明する試験です。

レベルは1級から3級までありますが、3級なら未経験者でも取得可能です。3級の試験は年に3回受験が可能なので頑張って1年以内に取得しましょう。

IT関係の資格の勉強方法

IT関係の資格の勉強する方法は主に以下の3つです。

  • 独学
  • オンラインセミナー
  • 専門スクール

これから解説します。

教材を購入して独学

各試験の参考書や問題集が書店やネットでたくさん販売されています。

勉強をする際は、まず問題集から解くようにしましょう。その後、わからないことがあれば解説を見て解決するのがおすすめ

また、解説を見てもわからない場合は参考書を見て、理解しましょう。

なお、過去問はネット上でダウンロードできるので印刷して何度も解き直しましょう。資格取得はやはり過去問で傾向を覚えるのが効率的です。

オンラインセミナーを受講

最近はコロナの影響でオンラインでの資格取得の需要が高まっています。
そのため、ほとんどの資格の勉強がオンラインでできるでしょう。

また、時間がない人にはとてもおすすめです。
なぜなら、動画などは時間があるときに視聴すれば良いので、隙間時間に自分のタイミングで受講しましょう。

専門スクールに通う

資格取得のために専門学校に通うのも良いでしょう。
しかし、転職をしたい人は仕事をしながら学校に行かなければならないので大変になります。

ただ、家だと勉強ができない人や集団で一緒に勉強をしたい人であればおすすめです。

合わせて読みたい:IT転職や副業スキル習得におすすめのプログラミングスクール12選

IT業界に転職するのなら資格取得を目指そう

IT関係の資格やメリットについて説明してきました。
まずは、国家資格でおすすめできる3つの資格を取得しましょう。

  1. ITパスポート
  2. 基本情報技術者
  3. 応用情報技術者

特に応用情報技術者を取得していると転職に有利になります。IT業界に転職する前に、資格取得して面接を有利に進めましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる