【現役エンジニア講師】CodeCamp(コードキャンプ)のGATEのコース内容を解説

CodeCampとは、現役エンジニアが講師としてプログラミングを教えてくれるプログラミングスクールです。
そのため、CodeCampでプログラミングを学んでエンジニアとして活躍したいと思っている方もいるでしょう。

しかし、CodeCampにはCodeCampGATECodeCampマスターコース」という2つのコースが用意されており、どちらを選んだらいいのか分からないという方もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、この2つのコースについて比較していきます。

合わせて読みたい:IT転職や副業スキル習得におすすめのプログラミングスクール12選

目次

CodeCampの2つのコース

CodeCampGATE

学ぶ

CodeCampGATEとは、現役エンジニアが講師としてマンツーマンで授業してくれるコースとなっています。

そのため、授業以外でもチャットで疑問点に回答してくれたり、専属のメンターとしてサポートしてくれるので、より実務についた時に活躍できるようなエンジニアを目指すことができます。

また、CodeCampGATEではサービスの制作だけではなく公開までサポートしてくれますし、専属のキャリアアドバイザーががキャリア支援を行ってくれたり、同じように勉強している人と繋がれるオンラインコミュニティがあります。
そのため、勉強につまづいた時でもモチベーションを保つことができます。

CodeCampマスターコース

zoom面談

CodeCampマスターコースも、現役エンジニアがマンツーマンで指導をしてくれるコースです。

マスターコースとCodeCampGATEの大きな違いは、制作までのサポートで作品の公開はない点、チャットでの回答がない点、提携エージェントというキャリア支援となっている点です。

そのため、エンジニアとしてすぐに活動したいという方の中では不十分と感じる方もいると思いますが、プログラミングを学ぶという点においては充分なサービスを受けることができるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?CodeCampは現役エンジニアが直接マンツーマンでプログラミングを教えてくれるプログラミングスクールです。

そのため、自分の目的に合わせて未経験から学ぶことができますし、現場に出て即戦力になる技術やノウハウを身に着けて転職をすることが可能です。

また、CodeCampでは無料体験コースも用意されているので、気になるけどまずは試してみたいという場合には体験から行ってみることをおすすめします。

無料オンラインの受講予約はこちら

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる